So-net無料ブログ作成
検索選択

MCAS Miramar Air Show 2012 [雑記]

今日は非レゴです。

先週、(私にとって)待望のMiramar Air Showに行ってきました。
Miramarairshow.png


Miramar基地は、映画TopGunの舞台で有名ですが、今は海軍ではなく海兵隊の基地です。

Miramar Air Showは毎年10月に開催されます。

海兵隊の定義が良く分からないのですが、公開されるのは海兵隊の装備だけでなく、
空軍や海軍の飛行機も展示されていました。

飛行展示も海軍のBlue Angelsや空軍のThnderbirdsが交替で来るようです。

まずは地上展示から。

DSCN6915.JPG
トーネードです。でもこれ、アメリカ軍機でしたっけ?

DSCN6938.JPG
F-5 tiger 側面に赤い星が付いていたのでアグレッサー(訓練での敵役)かもしれません。

DSCN6959.JPG
DSCN6966.JPG
F/A-18E/F Super Hornet アメリカ海軍の主力戦闘機。“Super”と“Superでない”の区別はエア・インテークが四角か丸いかです。

DSCN6970.JPG
これは陸軍のかはわかりませんが、こんな感じで戦闘車両も展示されてました。

DSCN6987.JPG
A-10 攻撃機ですね。

DSCN6991.JPG
B-1 爆撃機

DSCN6889.JPG
DSCN6996.JPG
なんと、民間のアクロバット・チームです。さすがアメリカ。

DSCN6901.JPG
DSCN6910.JPG
目玉の一つ、F/A-22 Raptor 横から見るとずんぐりでイマイチですが、前から見るとカッコイイです。

DSCN7078.JPG
DSCN7096.JPG
この飛行がまた、異次元と言うか、想像の範疇外というか。ひらひらと紙飛行機のように飛びます。
その場で宙返りしたり、横向きに一回転したり。

DSCN7008.JPG
空中給油のデモ。
DSCN7050.JPG
戦車も登場。
DSCN7063.JPG
AV-8 Harrierの垂直離着陸。むちゃくちゃうるさい。

DSCN6882.JPG
もうひとつの目玉、Blue Angelsです。
DSCN7106.JPG
ピッカピカで、もうすごいカッチョいいです。

DSCN7108.JPG
DSCN7110.JPG
DSCN7118.JPG
超低空飛行をかます。

DSCN7120.JPG
DSCN7115.JPG
密集ダイアモンドで空に伸びて行きます。

コンパクトデジカメではもうこれで限界。
一眼レフが欲しいと思った瞬間ですわ。


X-wing Fighter 改造その2 [レゴ作品]

9493 X-wing Fighterをさらに改造しました。

前回、製品版のエンジン-エンジンノズル間を直線に配置しなおしましたが、
X-wingの元図をよーく見ると、軸がずれている方(製品版の方)が正しいんですね。
おみそれしました。

なのでエンジンノズルの軸を元に戻して、
以下の点をさらに改造しました。

・キャノピーを変える
・コクピットのサイドを整える
・主脚をつける
・細かい修飾を加える

大した変更点ではなさそうですが、作るのに結構時間を食いましたよ。

レゴと言うのはこちらを立てればあちらが立たず、ということが良く起きますので、何度もバラしては組むということを繰り返しました。

で、出来上がったのがこちら。

a01.JPG

a02.JPG
a03.JPG
コクピット周りが変わったのがわかりますでしょうか・・?
機首にかけてなだらかになるよう心がけました。

a06.JPG
最初、コクピットのピラーをプレートで組んだのですが、おそろしくぶっとくなり、視界不良のためテクニックパーツで構成しなおしました。
R2-D2は脚をオミット。

a04.JPG
a05.JPG
a07.JPG

a08.JPG
主脚を加えたので駐機状態を再現可能に。

a09.JPG
といっっても大した作りではありません。下側はあまり見せないので手抜き

全体のシルエットはほとんどいじっていませんので、ほんとにこの9493は出来が良いです。
パッケージで見るより全然カッコいいですよ!

レビュー&プチ改造 9493 X-wing Fighter [レゴ作品]

Star WarsのX-wingを買ってきました。

お値段はセールで$10引きの$49也。

結論から言ってしまうと、これは買いです!


X-wingといえば、これが最初にレゴになったとき、就職したてでちっともお金がなかったのですが、高島屋で思わず買ってしまった思い出があります。
7140-1_1181014698.jpg
<十数年ぶりに買ったレゴでした>

これも当時は見たことのないパーツがてんこ盛りで、レゴもここまで来たかと感慨深かったのですが、今回のモデルは、さすが4代目だけあって色々なところが洗練されており、ものすごくカッコいいです。

DSCN6410.JPG
DSCN6413.JPG

とくに機種の先すぼりにとがっていく直線が再現され、また翼の付け根の本体部分は6角形になっており、X-wingのシルエットが良く再現されています。

DSCN6422.JPG
翼端のレーザー発振器も文句なし!
DSCN6425.JPG
箱では見えにくい後ろ姿。

初代は翼を展開するのに、ヒンジをガコガコそれぞれの翼を動かさなければいけませんでしたが、この4代目は後ろの歯車をまわすと4つの翼がいっぺんに展開され、思わず
「各機、攻撃態勢をとれ」
などと言いたくなる仕上がりです。

DSCN6428.JPG
写真中央のレバーが回って翼が展開される。

DSCN6432.JPG
機首がどんな構造をしているかの図

DSCN6435.JPG
オモテ。R2-D2が縦置きですが、デザインを優先させたためと思い、これはこれで正解と思います。
DSCN6434.JPG
ウラ。前脚が収納可能ですが、主脚はその存在すらありません。


ということで、大満足のX-wingですが、いくつかの不満点があったので、そこを改造してみました。

改造点は、
キャノピーを少し埋没させて、傾斜をきつくさせる。
機首下面をなだらかにする。
エンジン-ノズルまでを直線にする。

です。

DSCN6462.JPG
DSCN6487.JPG
キャノピーが少し埋没して、より鋭くなった感じわかりますでしょうか?
このキャノピーは初代と変わらず、原型と完全に違う形状なので、作りなおしてほしい筆頭なのですが・・

DSCN6472.JPG
DSCN6476.JPG
エンジンからノズルまでは、やはり一直線のほうが断然いいです。
しかし、こうすると翼の保持が不安定になってしまい、デザイナーがどうしてあの形を選んだかがよくわかりました。

DSCN6484.JPG
DSCN6495.JPG
DSCN6497.JPG
X-wingはパースをきかすとものすごくカッコいい。

主脚も作りたかったのですが、スペースがなく断念。


いやホント、この9493はカッコいいです。Star Warsが好きなら買いですよ!