So-net無料ブログ作成
検索選択

Armored Core 3 クレスト白兵戦型 [LEGO Armored Core]

今回はArmored Core 3からクレスト白兵戦型です。

AC3_06.jpg
Armored Core 3のオープニングに登場する主役級の機体で、河森正治氏がデザインしたと聞いています。初代からの伝統を受け継ぐかっちょいいデザインで、前後に長く上下に短い胴体、長い腕足、一つ目の頭部、背中折りたたみ式グレネードランチャーが特徴です。
Armored_Core_3,_Destroyer.jpg

前々から作ろうとは思っていたのですが、アーマードコア好きといいながら、ちーっとも手が動かなかった理由は、ロボはめんどくさいからです。

ロボットなので可動を考えなくてはならず、そして二本足で立つということは重量を気にかけねばならない点が非常に難しく、なかなか手が出ませんでした。

しかし、一番面倒な脚部はLast Ravenと共通ですので、腕さえ出来ればなんとかなるだろうと思い作り始めました。

00.JPG
07.JPG

09.JPG
DSCN4813.JPG
背中の折りたたみ式グレネードランチャーが重さのネックになると思いましたが、細身になるようこころがけたら思いのほか重くなりませんでした。

15.JPG
軽量化のため中はスッカスカのコア(胴体)。

16.JPG
18.JPG
右手のマシンガンは迫力をもたせるため、やや大型化のアレンジ。

20a.JPG

22.JPG
23.JPG
左手のレーザーブレードが”出ている”と妄想。

24a.JPG
外見重視で可動を犠牲にしたため、立膝ができないので”強化人間”の設定で。
24b.JPG
26a.JPG
27a.JPG

苦労したのは全体のバランスとりです。完成と思ったものがいまいち納得がいかなく、胴体を半ポッチ前後に短くし、肩の位置を1ブロック後方に移すと良くなった、など何度もばらしては組直すという過程を繰り返しました。
苦労はしましたが、この試行錯誤がレゴの醍醐味とも中毒性とも思われます。