So-net無料ブログ作成

レビュー 9473 モリアの坑道 [レゴその他]

The Lord of the Ringsのモリアの坑道を買ってきました。

これはもちろん映画版をもとにしているのですが、原作の指輪物語は私が最も好きな本の一つです。

児童書に分類されることもありますが、シルマリルの物語を含めると、子供向けとはとても思えない重厚な物語群です。実際、私が初めて手にしたのは小学校6年生の時でしたが、固有名詞の多さと前半のやや冗長な展開に、中巻の「二つの塔」の下巻で力尽きました。

その後、なかなか手に取ることなく、再度読み始めたのは社会人になってからでしたが、その神話体系から歴史、言語まで作りだされた中つ国の奥深さに一気にのめりこみました。

ほどなくして映画が公開され、これにも「良く作ったものだ」と非常に感心しました。

映画版のすごいところは、あの長大な物語を大筋の流れをいじることなく、うまく脚本にまとめられたことに一番感心しました。また、イメージ通りの中つ国ー特に霧降山脈、オルサンクとバラドドゥアの塔、ゴンドールの都ーを見せてくれたことにも感動しました。

ただホビットはもっと小さいイメージを持っていましたので、映画版のホビットはちょっと違和感がありました。いくらイライジャ・ウッドが小柄といっても大人ですので。ホビットは1mほどの身長で、子供並みの力しか出せない本当に弱い種族が大いなることを成し遂げる、という原作のテーマがややぼやけたように思います。


さて、この9473ですが、「旅の仲間」の中間の山場、モリア坑道でのオークとトロルとの戦闘の場面です。

原作ではわずか7ページしかありませんが、映画版は最初の本格的な戦闘シーンで一気に緊張感が高まる場面です。良かったのはガンダルフがベギラゴンとかイオナズンとか唱えず、原作通り剣で戦ったことですね。ガンダルフは魔法使いという設定ですが、宿敵サウロンとほぼ同格の存在であるものの、知略をもって戦い、魔力で圧倒するということはないのです(とはいえ、原作ではこの前の狼との戦闘シーンでベギラゴンぐらいの魔法を唱えているのですが)。

DSCN5047.JPG
パーツ数は776。そのほとんどは灰色。

DSCN5051.JPG
全景。大扉、壁、墓、古井戸で構成。

DSCN5061.JPG
モリアの領主、ドワーフのバーリンの墓。本はバーリン一党の顛末が記されたマザルブルの書。
DSCN5063.JPG
中にはバーリンのご遺体が。プレートをはじくとご遺体が跳ねる。なんていうことを・・。

DSCN5053.JPG
DSCN5055.JPG
大扉の表裏。
DSCN5056.JPG
一部がふっとぶ設定だが、どうやって遊ぶのだろう・・

DSCN5064.JPG
壁の裏面。左右のレバーを押すと・・
DSCN5065.JPG
DSCN5066.JPG
柱が倒れる。この柱の周りをフロドがトロルから逃げ回りましたね。

DSCN5068.JPG
ピピンがやらかした・・
DSCN5069.JPG
失敗。板をひっぱるとガイコツとバケツが落っこちる。

DSCN5071.JPG
侵入者に気付いたモリアの住人がおしよせる。

DSCN5057.JPG
「ケイブ・トロルもいるぞ」とボロミアさん。

DSCN5074.JPG
DSCN5077.JPG
DSCN5080.JPG
乱戦。

DSCN5081.JPG
イケメン・レゴラス様の矢がうなる。

DSCN5083.JPG
ギムリは二刀流ならぬ二斧流。

DSCN5086.JPG
全員集合。ギムリはひげをとると若返ります。いや実際若いんですけど。レゴラスとオークの耳はカツラについてます。おかげで横向けません。

これはレゴランドで80ドルで購入しました。円でおおよそ6400円ですか。やっぱり安いですね。とはいえ実生活での80ドルという値段の価値はもっとあるので、イメージ的には8000円くらいです。

大型パーツがなく、濃灰、灰色中心ですので流用しやすいですね。お城作りの人にはいいモデルでしょう。濃灰の側面に1ポッチついた1x1ブロックが大量に入っているので、パーツ取り目的でもいいと思います。とはいえ、情景モデルというのは組み換えがイメージできないので、単体では遊びづらいですね。

「王の帰還」部分がまだ1つしかないので、シリーズはまだ続きそうですね。ローハンのエオメルがまだ出て来ていないですし。戦闘シーンとなると、ムマキルとか、アングマールの魔王とエオウィンの戦いの場面でしょうか。個人的にはバルログが欲しいなあ・・。


タグ:レビュー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。