So-net無料ブログ作成
検索選択

6914組み換え その1 [レゴ作品]

クリエイターの6914を買ってきました。
Prehistoric Huntersなるタイトルがついています。有史前の狩るものたち、とかそんな感じでしょうか。

DSCN3288.JPG
カバーモデルはティラノサウルスと思われる恐竜です。それにしてもカッコ悪い!
どこがカッコ悪いのか?

まずは頭でかすぎ!いや、ティラノの頭はでっかくていいのですが、幅がひろすぎです。
前脚ちっちゃすぎ!いや、ティラノの前脚はちっちゃくていいのですが、爪がでかすぎて、これでは指なし手袋をはめているようです。
後ろ脚、末端肥大すぎ!べったりしたデカイ足のわりに、太腿が細くてバランス悪いです。
しっぽ短すぎ!写真のせいかもしれないけど、尻尾が短くて前につんのめりそうです。

セカンド、サードモデルも???です。
セカンドはまだまともなモデリングですが、四足で首の長いタイプの恐竜に肉食はいなかったと思います・・。
サードモデルは空飛ぶワニですか。これでは怪獣です。Prehistoric と名付けるなら、実在しそうなデザインにしてほしいです。

というわけで作る気もおきず。さっそく組み換えモデルを作成することにしました。

出来あがったのはティラノサウルスではなく、小型で敏捷なヴェロキラプトルをイメージとした肉食恐竜です。

注意したのは後ろ脚の形状です。恐竜はくるぶし関節(足関節)が上の方に位置しており、ゴジラのようにベタッと足底全体が接地しているわけではありません。そして尻尾を長くし、地面と平行になるようピンと伸ばした形にしました。
c01.JPG
c02.JPG
脚にずいぶんブロックを消費したので、頭はシンプルにして首に厚みをもたせました。
c04.JPG
ヴェロキラプトルは群れで狩りをしていたという説があるので、鳴き声をあげて仲間とのコニュミケーションをとる図。
c05.JPG
走っている図。
c06.JPGc08.JPG
威嚇しているところ。
DSCN3331.JPG
余りパーツです。

オフィシャルモデルと違う点は、1ポッチ接続が多いのでとにかくもろいこと。最近、昔のレゴがいかに硬かったかを知ったばかりでしたので、今のレゴは取れやすい代わりにひっつき力が弱いことをあらためて認識しました。もう少し、しっかりくっついてほしいところです。

また、二本足で立っているのですが、接地面は白い爪パーツのみですから、バランスをとるのが大変でした。その際、尻尾がいかにバランスの安定に貢献しているかがわかりました。尻尾は左右に振れるのですが、少しの角度をつけることで立つことができます。指先で持つと、重心は股の付け根くらいです。

だいぶいいのが出来たと思い、奥さんにオフィシャルモデルのカッコ悪さと、それを組みかえればこんなのが出来るんだということを力説しましたが、反応はイマイチで、どこが違うのかよくわからないとのことです・・。

タグ:組み換え
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

オーロラ

こんにちは、オーロラです。

お元気ですか?


組み替えたラプトル、カッコいー!!!
生き生きとしたポーズが良いですね。
鳥っぽさと恐竜らしさが混然となったようなスタイルが素敵です。

二本足の自立は難しいですよね!
尻尾がどれだけ大事なのか、経験上よくわかります。
ちょっとひねっただけでも傍目にはムリ目なポーズもなんとかなる瞬間がありますもんね。

一方のオフィシャルモデルは誰にでも自立させられて、かつ遊べるようにとの配慮もあるとは思いますが、これとは別に机にも飾られるような、フォルム優先のモデルも欲しいところです。
by オーロラ (2012-03-13 13:01) 

だく

オーロラさん、嬉しいコメントをありがとうございます!

今回のラプトルはオーロラさんのT-rexを大変参考にして作りました。どこら辺かというと、まず最重要視した後脚の形状。他には頸の後ろのふくらみです。T-rexはあの巨大な頭部を保つため、頸の筋肉が発達し、後頸部のふくらみがあるのだと思いますので、ラプトルには過剰だと思いますが、このほうが画面映えするんですね。

あと、この6914ですが、実は僕はすごく評価しています。というのは遊んでいて楽しいからです。この辺の詳しいことはまた次回に書こうと思います。
by だく (2012-03-14 00:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。